スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強
何かに全力を傾けられる人は素敵だ。
どんな形であれ、何か誇りを持って行動できる人は素敵だ。

じゃあ私が何かに全力になってるのだろうか。
はっきりとしない時点でないのかもしれないけれど、多分勉強だろう。

学生だし勉強するのは当たり前だと私は思う。
私は勉強することを苦とは思わない。

だからといってそれを嫌だと思う人を否定しない。
個人の自由だし、思うとおりに生きればいいと思う。

勉強ができないことが落ち度だとかも思わない。
勉強にも向き不向きがあると思う。

でも、私から《勉強すること》をとったら、何も残らないだろう。

運動できるわけでもなく
絵がうまいわけでもなく
楽器が演奏できるわけでもなく
演劇ができるわけでもないのだ。

だから私は勉強している。
それでしか《私》の存在が示せないから。

誰かが言った。

『何のために勉強してるのかわかんない』

私だって分からない。
一つ言えるのは、私は勉強という場所でしか戦えない。
他のところで誰かに勝っているわけではない。

くやしい。
みかえしてやる。
何度思っただろう。

跳び箱が飛べなかった。
みんなより随分絵が下手だった。
リコーダーのテストで失敗した。
学芸会でセリフを間違えた。

笑われるたび、からかわれるたび
《勉強じゃあんたなんかに負けないんだから》
それだけがちっぽけなプライドだった。

でも、あの日。
2006年3月22日。
高校の合格発表の日。

私はそのプライドさえ失った。
《第一志望不合格》
その現実は辛かった。

自分なりに頑張った気でいた。
でもそれじゃだめだったんだ。
私には向いてない。

そうやってわたしはすべてから逃げた。

嫌だよ。
どうせできないんだもん。
だって…だったんだもん
しょうがないじゃん。

言い訳ばっかして何にも進んでなかった。

でも受験まで本当の本当に一年になってしまった。
模試で志望校を書く機会も増えた。

私がやりたいことは何?
どこに行きたいの?
私は何がしたいの?

わからない。
勉強してなかったから。
してるフリをしていたから。

先生に言われた。

『だから勉強するんだよ』

勉強するなかでやりたいことを探せばいいんだ。
だったら勉強しなきゃね。

そう思ってはいたんだけど。

『これができなきゃ化学向いてないよ』

きつかった。
そんなにはっきり否定して来るなんて。
急に閉ざされた気分だった。

あれから私はまた迷っている。
このまま勉強したってどうせ向かないのなら…
でも私にこれ以外の道はない。

わたしはどうすればいいんだろう。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

About me

rubidium

Author:rubidium
地方国立大の
機能機械学課程に進学した
紅一点の女子学生。
物理と数学がお友達。

現在、一人暮らし。
ようやくネットにつなげたので
更新再開となりそうです。

rubidium、は元素の名前です。
面倒なら"るー"とでも
呼んでやってください。

aiko、SPEED、ELT、嵐
KinKi Kids、いきものがかり
大好き!
逆転裁判、ポケモン、ドラクエ
やってます。
同士は絡んでほしい…!

未だ片思い中。
ホントいつまで続くのか。

更新率
calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Thank you!
Month
classification
counter
Link
tree
reference
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。